http://kayzzy.com/kawase/ FXレバレッジの扱い - fx初心者資金が少ない人向けおすすめ会社 G-ZCE16BD6YM

FXレバレッジの扱い

FXにおけるレバレッジとは、自己資本に対し利益率を高めることで、FX会社に預け入れたお金を元に大きな取引をすることを指します。

レバとはつまりレバーが由来で、初心者は日本語のてこをイメージすると分かりやすいです。

自己資本がてこの支点だとしたら、レバレッジは作用点ということになります。

レバレッジは何倍と倍率で表現を行うもので、例えば10倍なら1万円の保証金で10万円分の取引ができます。

日本国内ではリスクを考慮して上限が25倍に定められていますが、海外には500倍どころか1000倍やそれ以上もあるのでまるでスケールが違います。

海外はゼロカットという損失の拡大を防ぐ仕組みのおかげで高倍率を実現していますが、日本では設けられていないので不可能です。

日本国内でFX取引をして損失が発生すると、倍率に合わせて損失も大きくなるのでリスクが高いです。

その為、少ない資金で投資ができると思っても、メリットだけでなくデメリットもあることを念頭に置く必要があります。

初心者はよく分からないまま倍率を高くして大きな投資をしがちですから、まずはリスクについてしっかり理解することが不可欠です。

取引で損失が発生して保証金の比率が下がると、FX会社は追証といって追加の保証金の入金を求めます。

入金が間に合わなかったり無視して入金しないと、追証状態が解消されずに強制決済となります。

強制決済は未決済の取引が文字通り強制的に決済され、FX会社に対する不足があれば借金として返済の義務が残ります。

借金が残るのは保証金がマイナスになった場合で、支払いに応じないと裁判所を通して強制執行もあり得るので注意です。

レバレッジを効かせている時は利益が出ればプラスが大きくなるので良いですが、損失だとマイナスが膨らんでしまうのでハイリスクハイリターンです。

ただし、免責が認められるケースもあるので、もし大きな損失を発生させてしまっても諦めるのはまだ早いです。

とはいえ高倍率の取引はギャンブルとみなされ、免責されにくいので気をつけたいところです。

初心者はまず、手元の資金で取引に挑戦して勝率を上げるのが良いでしょう。ビギナーズラックという言葉もありますが、投資の世界では最初の資金を失う人が多いですから、突っ込み過ぎず引き際を見極めることが大切です。

取引に慣れて勝率が上がってきたら、次はレバレッジを効かせて利益率のアップを狙っていきます。

しかし倍率を高めるとリスクが大きくなりますから、現実的には3倍、高くても10倍を限度にするのが賢明です。

損失発生を想定して倍率を低めに設定しておけば、万が一の状況になっても焦って判断を間違えずに済みます。

だからこそリスク管理、コントロールが必要でFXをこれから始めようとしている方や初心者の方はしっかりとレバレッジの活用法を理解した上でFX取引をおこなっていけるようにしましょう。

レバレッジはFX取引において一番のメリットですので、上手く活用しましょう。

FX初心者資金が少ない人向けの おすすめ FX 会社

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ